スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆり

ユリが3本1050円なんだそうである。
花には詳しくないのだが、ユリは見た目が豪華だからそのくらいするものなのだろう。

しかし気になるのが売り方だ。
店員さんが店前でユリを手に持ち、ちょうど魚屋がやるような「らっしゃい、らっしゃい」な雰囲気。

3本1050円だよと、ずいぶん離れても聞こえる。

生きがいいのは認めるが、花はどうなんだろう。
そういった方法がベストなのだろうか。

壁掛けの一輪挿しに飾るような花でもないわけで、やはりユリを所望する人は最初から客引きなどしないでも買いにくる訳だ。
そしてユリに用のない人は、客引きしたとしても「ちょっとユリでも」と居酒屋に寄るようにその3本を手に取るとは考えにくいのである。

と、これは僕が何か、生きていく上で重要なものを見落とし続けて現在に至る、ことを示している事象なのかもしれない。


店前の店員さんからさっとユリを受け取ると、そのまま目の前の知らない女性へ。
これでうまくいくのかもしれない、何かが。

あるいは外出上想定外だったユリを持って電車へ。
「いい香りですね」とかなるのかもしれない、女性が。

または鼻をつっこんでユリの香りをかぎながら図書館へ。
「花粉がついてますよ」とかなるのかもしれない、鼻が。


総じて女の子は花が好きだなんて考えているわけではないが、上記例で図書館を持ってくるあたりが、我ながら末恐ろしいことになっている。
まあ、花を極端に嫌いという人もあまりいないだろう。

となると、今回のユリは幾分、分がいいように思う。
なんたって3本あるし。




とでも思わないと、花屋のユリ威勢が腑に落ちなさすぎるのである。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。