スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとそこまで。3

正直なところ、僕は駅弁に対してかなり否定的だ。

冷えてるじゃないか。
できて時間が経っているじゃないか。
高いじゃないか。

特に幕の内のやろうこのやろう。
何をかしこまって個室に鎮座してんねん。
豪華そうにしてんねん。

ということで、とにかく駅弁というものは口にしていなかった。

その点、ブルートレインには食堂車両があって、それはそれは楽しかった。
高いことは高いのだが、とにかく優雅だった。

風景が動く。
すごい速さで動いている中を、僕らはテーブルについて暖かい物を食っているのだ。

子供ながらにその特別さは、未だに印象の薄れることがない。誰か同じことを言っていたような気もする。

速い中を食うことは同じなれど、駅弁は優雅じゃない。
それは作業だ。


と、悪態をついたところからもわかるように、新幹線で食べた駅弁がすごくおいしかったんである。

博多→熊本だったから、確か博多駅で買ったのだろう。
「焼き肉弁当」的なやつだったと思う。

これがうまかった。
これなら幕の内のやろうに挑戦してみてもいいかと思わせる。

自分のみならず、仲間の評価もあげかねないうまさ。
焼き肉弁当。
でも、パッケージすら思い出せぬので、さて帰りはどうしましょう。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。