ちょっとそこまで。4

熊本駅はなんだか、ダンシングじゃなかった。
降りるところが違ったのか。

大きく「熊本駅」と書かれた白い建物。
その前に商店街。
そんなイメージだった。

ところがなんだか寂しい。
何か他の駅と間違えているのかもしれない。
目の前の噴水で、小さい子とお母さんが遊んでいる。


そうなんだ。
店がないと困る。

今日は朝からあわてて家を出てきたものだから、帽子とサングラスを忘れてきちゃったんだ。

サングラスを現地調達するのは無理だ。
お金もかかるし、度付きはそもそも短時間ではできなさそう。
運転に必須じゃないと判断。

一方、帽子はほしい。
熊本は、日差しが魔法のようだ。



しかしダンシングでない熊本駅。
中心街へ行くには、少し距離があるようす。


帽子だ帽子。
帽子を求めて駅内をうろつく僕の目に留まったのは、なんと個人的にはあまり見かけないと思っている帽子(管理者サムネイル参照)だった。

さっそく2ヶ購入、魔法防御力はアップし、頭はさみしくなくなった。

頭がさみしくなくなって余裕の出てきた僕は、それまで騒ぎになっていた「駅近くでの警察の催し物」を気にすることもなくなっていた。

なんかやっていたのだ。
暑い中を、警察の人が。

まあ警察の人なんだから、暑くなくても何かはやるだろうさ。
やればいいさ。
そのくらい、帽子のおかげで普通になれた。


そして階段の陰に着ぐるみの頭が逆さに放置されていたことも気にならなくなっていた。

そのクマはポリスキャップ(本名不明)をかぶっている。
例の催し物の、何かだったのだろう。
いじりやすさ炸裂の一品である。

しかし気にならない。
むしろ他の階段の所にはないのかと問いたくなるくらい、それは普通だ。

さっきまでは帽子を探していたものだから、「帽子をかぶっている着ぐるみの頭をかぶれば、より帽子なのかもしれない」とか思ってしまったりしていた。

そんなことを思わせるな。
くまの頭部よ。

今となっては、「より帽子状態」ってどうなんだということも、それは特に何もないことでしかない。
熊本で「より帽子状態」になってどうなんだと言われれば、それはやはり特に何もないことでしかない。

次はレンタカー。
熊本駅の近くには、たくさんレンタカー屋さんがあるみたいだ。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ