ちょっとそこまで。14

風呂上がりに一杯。
その文化に憧れていないと言えば、うそになる。

CMで汗を全身にかいたあいつは、それはビールが得意でなかったとしても、うまそうだ。
CMってすごい。

で、この温泉にはその文化に遅れている人間に対して、少しばかりの救済処置が用意されている。
温泉入り口に自動販売機があるのだ。





洞窟温泉は楽しかったが、僕の気分は沈んでいたんだ。

それは、温泉が熱過ぎだったりとか、洞窟がほぼ浅瀬だったことに起因している訳じゃない。
熱いくらいでも気持ちよかったし、お湯の浅瀬というのも面白かった。

ただ、洞窟的なものの中を全裸でうろついたことを客観的に考えると、なぜか少し、沈んだんだ。

「男の方の生殖器は、なんかギャグだ」

そう言った先輩を「こいつかなりやるな」と内心思ったけど、そのときのことが鮮明に頭によみがえる。

「俺はなんだって、ギャグをぶらぶらさせながら洞窟のなかを・・・」

今、本ブログでそのことを昔書いていやしないかと、内容を全件検索したところ「見つかりません 生殖器」と表示されてそりゃたいへん。
面白かったわけだが、確かにこの洞窟うろうろのとき、文化がなくても風呂上がりの一杯をやってみようじゃないかという心意気にさせるくらいのギャグが発生していたわけである。


さっそく金庫に入れていた財布を取り出し、自動販売機でモルツを買う。

モルツがビールの中でどのくらいうまいものなのか、そもそも発泡酒とかでなくてビールなのか。
あまりよくわからないが、今日、僕は文化を得る。


夕食のとき、「何かお飲物は」と聞かれてコーラを頼んでしまったのに、そのあとで缶ビールを飲んだことがばれると、宿の人が傷つくだろうか。

そんなことを考えながら、何か悪いことでもするかのように自室に滑り込み、座椅子にスタンバイ。

何か面白いことをやってくれていそうなテレビもついている。
ipodからは山田晃士が流れてきた。

何か、雰囲気いいんじゃないだろうか。
僕の風呂上がりの一杯デビューはかなり洗練されたものになったようだ。






本日のまとめ
このあと、強かにビールを床に落としました。
待ちました。
でも開けたらぶっしゅーなりました。
コーラの方がおいしかったです。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ