ちょっとそこまで。34

6時前に起きて、温泉は勝手に入っていいといわれていたけど。
まあなんとなくやめて。

朝早いので朝食は不要の旨を告げていたためか、宿の人はお弁当を用意してくれていた。

僕にとって早起きをする日は特別である。
それが海の近い場所ともなると、なおさらとなる。

温泉の湯でいれたというコーヒーをいただき、熊本駅へのナビをセットする。

いい宿だった。
夜、看板にヤモリがいたところが良かった。
夜、どこかの柴犬が一直線に宿の庭へ消えていったのが良かった。
夜がよかった。


車が見えなくなるまで手を振ってくれていたおかみさん。

僕は、おかみさんの進言とナビを天秤にかけて、ナビを選んだ。
結果、ばっちり通行止めの道に入ってしまったんだった。


ここから戻るとなると、さっき手を振っていたおかみさんゾーンを再度通ることになる。
道は一本道だった。

僕はこの旅のなかで、一番強くアクセルを踏んだ。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ