スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとそこまで。40

阿蘇の産山地方から熊本駅へ向かうのに、阿蘇のおじさんがわかりやすいルートの入り口まで案内してくれた。

牧場なのだろうか。
広々とした高原に丘がいくつも積み重なっているようなところ。

この道を右にまっすぐ行き、突き当たりを右だそうだ。


おじさんに別れをつげてその道を進む。
周りの緑がなかなか気持ちいい道だ。

ところがいくつ目かの交差点に差し掛かったとき。
ナビが右に曲がれと指示してきた。



僕はこの日の朝、宿のおかみさんの忠告よりもナビを優先してしまったため、袋小路に入ってしまったことを思い出した。
ここはおじさんの言う通り、突き当たりまで直進するべきだ。

しかし考えてみると、結果的には右に行くのだからどこで曲がってもいいんじゃないか。
そんな気もしてきた。

信号待ちも終わり、なんとなく右折してみた。


これがいけなかった。

道に迷ったのではない。
続く限りの一本道だった。

とにかくすごい霧である。
阿蘇の霧はこんなことになってしまうのか。

「白い水に突入」という叫びを最後に、目の前の道を見失わないように徐行運転した。

のならいいのだが、地元の人は慣れているのようで、通常運転で霧を払っている。
仕方ないのでそれに続く。
いつ空中遊泳してしまうのか。
ハリーポッターの何作目かに出てきた魔法の車の挙動を、普通乗用車でしてしまうのか。
気が気でなかった。

もしかしたら雲だったのかもしれない。
その霧状態は30分ばかり続いた。

へとへとになりながらもその高原をやり過ごし、あと1時間くらいで熊本というところまで来ると、そこは大雨だった。
霧を洗い流してくれるのはいいが、今度は水しぶきと轟音で日光の猿2/3分の気持ちを感ずる。

この仕打ち、なんで?。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。