スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暮れのぶんぶん その6

昨日からのつづき。

【あらすじ】
カブトムシのオスがいる。

=====
いま、うちにはカブトムシのペアが一対いる。
もう秋なので寿命は残り少ないだろうが、まだ元気だ。
天然物のメスを捕まえることができたのだ。




バナナストッキングの日から、何か出かける度に、樹液の出ている木を探すのが習慣となった。
小さい頃の記憶を思い出しては、見つけたくぬぎ林を何となく確認。

そうして見つけた木のひとつを夜に訪れたとき、メスを見つけた。

天然物のメス。
その日の晩餐には例によってごきぶりと、コクワガタがいた。
正直触りたくないメンツなので、息を吹きかけてご退去いただく。


これはいつか一本でブログが書けるだろうとか思っているのだが、ある種の昆虫にとって、「退避とは落ちること」である。

それは力を抜くということであり、人間から見ると「緊急時に力を抜くことを知っている」昆虫というのはどうも、という方針で何かおもしろくなりそうな気がするのだ。
ここで書いちゃったけど。




僕の吐息により、ごきぶりとコクワガタは落ちた。

ところがカブトムシのメスはよほど腹が減っていたのか、全く動こうとせず、樹液にブラシを這わせている。

掴むところのないのが難しいが、どうにかしてメスを帽子に入れることができた。
それをそっと包んで自転車を急ぐ。


やっぱり食事中だったというのもあるのだろうか。
自宅についてケースへ入れようとすると、このメスというのが僕の指を掴んで放さない、その類いの週刊誌の見出しを飾りそうな女であることがわかった。
何か付いていたのだろうか。
僕の指先を懸命にブラッシングし、背筋がぞわぞわする。


こんな日はカブトムシであったとしても、女っ気があったほうがいいものだね。
どんな日だ。


ともかく、ここにカブトムシのペアが9月に誕生した。
人間側としては、かなり満足。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。