ピンポイント夜話

あの日、私は体調が悪くて会社を早退し、早々に帰宅しました。

家では妻がいるはずなのですが、彼女は電話にも出ず、買い物に出かけているようすです。

私は家につくと、妻に置き手紙をしました。

調子が悪いので休んでいる、と。

ふと、体が妙に汗ばんでいるのに気づきました。
熱があるのかもしれません。

少し躊躇しましたが、熱が出ると、次はいつ風呂に入れるか分からないと考えた私は、シャワーの用意をしました。
我が家のシャワーは微調整が難しく、すぐに熱くなったり冷たくなったりします。
風邪気味なので、いつもよりも慎重に調整したのを覚えています。


シャワーからあがっても、妻は帰ってきていませんでした。
置き手紙もそのままです。

パジャマに着替えた私は寝室に入ると、枕元に置いていた風邪薬を手に取りました。

このとき、何とも言えない気持ちになりました。

自分の寝室なのに、ひどい違和感がありました。
しかし、何だろうとあたりを見回しても、それが何なのか、見当もつきません。

その違和感が拭いきれないまま、私は寝ることにしました。
それも調子の悪いせいと思えたからです。

少しだけ背伸びをしてからベッドに潜り込んで一息ついたとき、私はその違和感の原因を知ることができました。

なんと、枕カバーが裏返しだったのです。

こんなことは結婚して20年来、一度もありませんでした。
ベッドから飛び起きた私は枕を手にとり、隅々まで観察しました。

いつも通りの枕です。
しかし、枕カバーが裏返しです。

なぜ妻は、枕カバーを裏返しにしているのか。
私が徐々に恐怖を感じていったとき、家のなかで物音がしました。

妻が帰ってきていたのです。

私は彼女を問いただそうとも思いました。

しかし、居間からものすごい勢いで走ってくる足音がしたとき、そんな考えも吹き飛んでしまいました。
枕カバーを裏返しにした妻が走ってくるのです。

あの、いつもは枕カバーを裏返しにはしない妻が、枕カバーを裏返しにして走ってくるのです。


私はもう調子の悪いことなんか忘れてしまって、2階の窓から飛び降り、人通りの多い道を選んで走り抜きました。
とにかく全速力で走りました。

こうして私は、出家したのです。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ