筆跡

昨日からのつづき。

【あらすじ】
ヘビ文字、うなぎ文字でこれ書かれてもなあ。
※ヘビ文字とは、ヘビの長い体を利用して文字を書くことで、ほぼ「マムシ」と書くための文字。

=====
例えばヘビ文字で「うなぎ」と書かれていたら、その店に対する不審はどれほどのものになるだろうか。
「ヘビ文字」で何を書くといいのかというのは、結果的にはこの感じに収束する。


「スキンケア」

これが「ヘビ文字」で書かれていたとすると、多くの人はこう想像する。

「ヘビの生皮を貼るタイプのスキンケア」

そんなタイプがあるのかどうかは疑わしいが、ひとつだけ注意することがあるならば、ヘビには寄生虫がいるため、生皮を貼るならちゃんとそれを除去した方がいい。


「龍」

これは2つばかり、ぱっと思いつく。

まずは「ヘビ文字」として、必要なヘビの数がかなり多いという点。
ヘビ文字の特性上、画数とヘビの数が必ずしも一致しないが、どちらにせよ多い。

そしてヘビが使われていることからの「龍じゃないじゃん!!」という点。
どうせなら「龍」で文字を書けばいいはずなのだが、「ヘビ文字」。
多少狙いました感があるが、そこは礼儀として。


「押」

これだけでは何かわからないが、要は「押しボタン式」全般にあるボタン。
その表面に印字されている「押」である。

「押したくない」
誰しもそう思うはずだ。

面白いのは「引くタイプのドア」などにある「引」。
これが「ヘビ文字」だったとしても、それは「押」よりも恐怖度が低そうな気がするところ。


「∞ (無限大の記号)」

この記号のモデル説の一つである、ウロボロスという変なヘビを思い出した。
何が変かって、彼は自分のしっぽを自分でくわえているらしいから。

自分のしっぽをくわえたヘビの話は世界各地にある。
それはヘビ独自の自慰行為であるとか、クラインのつぼをめざしたのだとか、様々な意見。
本当かどうかはさておき、「自分のしっぽをくわえたヘビ」というのは人の関心を得やすいのだろう。

で、何の話だっけ。

■ Comment

「龍」という文字を龍文字で描くことになったら
線の多さがハンパないですね。

こういうネタ大好きです。

もう、龍自体がヘビよりも線多いですからねえ。
なんとなく、中国の人には喜ばれそうですけど、龍文字。
非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ