スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月まで2メートル12センチと、あとちょっと。

月明かりが楽しい季節になってまいりました。

理屈はさておき、秋冬は月明かりが「よく届く」気がする。

それが太陽由来だってかまうものか。
「夜が明るい」ってだけで楽しいもの。
夜の森で背伸びをすると、とても気持ちがいい。


しかし、客観的に考えると「夜の森で背伸びをしている人」は気持ち悪い。

「これからあたい、木になります」
そんなイメージで、なんだか演劇のテクニック。


そう考えると、夜は「止まっていてはだめ」だ。
動いていなくては。
背伸びもそうだが、止まっていることは闇夜にまぎれようとしている、と解釈されてしまう。

闇にまぎれなくてはいけないのは泥棒と暗殺者だけで、まとめると悪いやつ。
止まっていてはだめだ。


だが、一方で動きすぎるのもどうかと思う。
動きすぎるのは闇夜を利用して見つからないようにしている、と解釈できるからだ。

闇夜を利用して見つからないようにしているのは泥棒と暗殺者で、あら不思議。

まとめると、夜は泥棒と暗殺者だった。
誰しも夜から逃れられないことを考えると、毎日みんな泥棒と暗殺者にいいようにされているようなものだ。



「ということで、明日くらいは夜から逃げたいと思います」

飲みにいこうぜ!!。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。