兵種

手元にないので確認できないが、吉田戦車の「伝染るんです」には「将棋にオリジナル駒を勝手に参戦させる」話があったはず。

いま、いわゆる「攻め」「受け」というやつに新しい役割「パソドブレ」を考えたとき、それを思い出した。


吉田戦車の漫画という点をのぞけば、将棋における「オリジナル駒」が、その動きでオリジナルさを出すことは想像に難くない。
同様の差異を「パソドブレ」に求めたとすると、どうなるだろうか。


主人公:いつもは攻めだが、耳を思いっきり引っ張られると受け
相方:優柔不断だが、耳を思いっきり引っ張るときは攻め
通行人A:30歩ごとにパソドブレ

ちょっと濃度高いな、通行人Aは。

そして、僕がかなり「攻め」「受け」というものを知っていないということがわかった。
例が全然わからない。
もう、攻め受けに関してはうわずみしかすすってなかった。


もう少しはわかる、野球に「パソドブレ」を追加してみよう。


6回
:巨人軍、バッター石田
:ヤクルト、ピッチャー山本
:3塁側ベンチ、全員パソドブレ


ベンチのやつらは、見られてないと思って遊んでんのな!!。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ