スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

降心の雪 その3

昨日からのつづき

【あらすじ】
福島へ墓参りに行く。

=====
どうにか墓守も終え、墓地を去ることになった。
あとは飯を食って帰るだけである。

何せ帰りは、また吹雪いた峠を越えなくてはいけないから、多少なりとも早めにチャレンジする必要があるのだ。

全身ずぶぬれだから、もう雪は気にならなくなった。
悠々と車に乗り込む。

さて飯の場所へ行こうかと墓地を離れようとしたとき、ひとりがトイレを所望した。

雪の中に取り残されていた詰め所に言ってみると「うさぎの横にトイレあります」の貼り紙。
干支にちなんだ石像が並んでいるが、そのなかの「うさぎの石像」近くにトイレがあるらしいことがわかった。

「右から3番目の石像の横に隠し扉のスイッチがあります」

なんかRPGみたいだなと思っていたら、車内から悲痛な叫びがあがった。

「雪でどの石像がうさぎなのか、わからない!!」

一体一体雪をどかしながらというのは、外の天候を見てもやりたくない。
仕方がないから詰め所はじめまでもどり、「ねーうしとらうー」と口にしながら石像を数えたのである。

トイレはうさぎ
うさぎはトイレ

そう頭の中で繰り返していた気もする。

あのときほど「うさぎの石像を探す」ことはそうなかっただろう。
童謡「ふるさと」を思い出した。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。