ほっこり生誕

最近の「ほっこり」事情である。
誰が最初に考え出した言葉なのかは知らないが、たぶん頭のいい奴だろう。

今では僕も含めて、皆あたかも生前から使っていたかのように「ほっこり」を体得。
使用している。

と、ここで「生前」というのが「生まれる前から」を指した言葉でないことに気づく。
確か「死ぬ前」のことだ。

「おじいちゃんがほっこりしてから、もう10年たつね」

以上「ほっこり」の誤った使用方法だが、以外にも雰囲気は悪くない。

「やきいもほっこり」

これはどうだろう。
使い方を誤っているだろうか。
ひとつ言えるのは、やはり雰囲気は悪くない。

「ドラゴンボールほっこり」

ゼットをほっこりにしてみた。
雰囲気は、登場人物みんなやさしそうという点で、悪くない。

「マジンガーほっこり」
「ほっこりほっこりガンダム」

いろいろゼットをほっこりにしてみた。
雰囲気は、ロボットがみんな柔らかそうという点で、悪くない。

「ほっこりじゃない」

ZZガンダムの主題歌「アニメじゃない」をほっこりにしてみた。
ほっこりじゃないんだって。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ