スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒュージワークス その2

昨日からのつづき。

【あらすじ】
大阪に行ってきた。

=====
大阪に着いたはいいが、実はなんら予定がなかった。
なので行く前、用を作る事にしていた。

それはたったひとつ。

「ご当地アイルー」というストラップを手に入れて東京に生還する事だった。

何なんだご当地アイルー。

アイルーは知っている。
モンハンのねこで、かなりかわいいキャラクターだ。

どうもそのアイルーがストラップアクセサリーとして売られているらしいのだ。
日本の要所に。

いまいちどういった物なのか。
どのように売られているのか。

漫然としたまま、ここ大阪。
とりあえず大阪駅で知人につきまとう事で「移動する意義」アビリティをセット、行動することにした。

とはいえ、僕とてうかうかと生きていたわけではない。
店という物があり、そこにご当地的なものの集まった、まさに大きな駅の売店っぽいコーナーがあることを知っている。

ほらごらん。
さほど苦労する事なく、ご当地なハローキティ、ワンピースがひしめく場所を発見した。

しかしここで予想外の事態が起こる。

確かに「ご当地アイルー」がある。
500円ちょいでなかなか高価だが、よくできている。
その地方で有名な場所や物をモチーフとしているようだ。


ところがアイルーのほかに「メラルー」バージョンがあった。
「メラルー」はアイルーと対をなすねこで、やはりかわいい。
だがメラルーの件は聞いていなかった。

アイルーを買っていけばいいのか、メラルーを買っていけばいいのか。

さらによくみると、ストラップのひも部分が微妙に異なっている。
「ひも」か「ビーズ」か。
そんな差異もあった。

ご当地アイルーストラップ。

それは、ふたを開けてみると「ご当地アイルーストラップ(ひも)」「ご当地アイルーストラップ(ビーズ)」「ご当地メラルーストラップ(ひも)」「ご当地メラルーストラップ(ビーズ)」と4倍で、4倍商売上手だ。

しかも、同じ種類を4つずつ買っていかなくてはならない。
4につくづく縁がある用事だ。
そしてその種類とやらがモチーフ別に、けっこう多いぞ500円ちょい。
ともかく、500円ちょいなんである。

散財である。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。