開始3分の女。

=====
2012年カレンダーの回想です。
=====


僕が日頃より気を付けていることに「俗っぽい感覚を忘れない事」がある。

こう言うと、あたかもお前は特別なんか、悟り人なんかという感じもなるが実は、僕はかなり俗っぽい。
よって「俗っぽい上に、俗っぽい感覚を忘れないようにしている」という、俗のエリートなんである。


カレンダーの1月1日。
以前のカレンダーを見てみると、「ビッグベン」や「あけましておめでとうゴライアス」とある。

ひどく恐ろしいことになっている。
しかし、恐ろしいなりに「ビッグベン」と堂々と書かれている事にある種の勇気を感じるし、「ゴライアス」は語感がいい。

「あけましておめでとうゴライアス」

「ゴライアス」は「ゴライアスガエル」やラピュタに出てきた「ゴリアテ」のことで、基本大きいものに付く。

だから、何かすごくおめでとうな感じがする。
今年もそっと言ってみたが、ほぼ「ございます」なので気づかれなかったのがざんねんだが。



今年は「前にいる階段を上る女の子のために、「お前のスカートの中は見ようとしてないよ」オーラの発散が必要です。」となっている。
これもすでに「恐ろしい事」になっているが、これを記した背景というものも、一応ある。

それは「開始3分の女」というイメージが面白かったという点。


近頃は、おしゃれ以上に露出の激しい女の子をよく見かけるようになった。
そういう人を最初に見たときから「アダルト動画の開始3分の女」というイメージが、どうにも取れない。

ネガティブイメージで、失礼である。
しかし多少なりとも要点を突いているようにも思う。

女の子から見ても、いないだろうか。
「お前の両そでを掴んでずるーんしたら、お前むき身になんねんぞ?」という人が。


そんな「開始3分の女」が駅の階段を上ってみ?、という話。
男は困っちゃうんだ、本当。

そんな気持ちを、元旦にあててみました。



もちろん「開始3分の女」がいてくれて楽しくない、というのは皆無なのだが。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ