車掌はどちらに向いているか。

本日のディスカッション

「ジェットコースターが上手」というものについて


========

中略
<黒ぶちメガネにも、モテる黒ぶちとモテない黒ぶちがある件について>

========

「で、何よジェットコースターが上手って」

「なんかメモに書いてありました」

「難しいな」

「確かに」

「とにかくジェットコースターっていうのにテクニックが必要ない、というのが難しい」

「そうですね。例えば個人で操縦するものなんだったら、うまいヘタはありそうなんですけれど」

「うん。だが、ジェットコースターは自動で動く。乗っている人の技術は一見、無関係だ」

「誰かと得点を争うというものでもないし」

「まあ、普通に考えると「怖がらない」「叫び声をあげない」というのがプロ。言い換えて上手、と言えなくもないな」

「そうですね」

「例えば、それまでは背が低いんだけど、ジェットコースターに乗るタイミングで身長制限を超す身長へアップするというのはどうだろうか」

「どうだろうか、って厳かに提案されても」

「ちょっと難しいよね」

「ただ、乗る直前で体調をジェットコースターシフトできたりすると、上手とは言えそうかな」

「何ですか、ジェットコースターシフトの体調って」

「胃の四方八方にバネをつけてだな、どの方向から力が加わっても、バッファーとして衝撃を和らげてくれる」

「体調じゃなくて手術ですね」

「それに、それで上手というのなら、ジェットコースターは胃がすべて、とも言えそうです」

「こういうのはどうだろう。ジェットコースターに乗る少し前に、顔面撮影用カメラの準備をささっとできる」

「そして乗り込む時間になったら、誰の手も煩わせることなく、そのカメラをさっと装着し、速やかにジェットコースター最前列に着席する」

「自分でベルト、バーを所定の位置に設定し、スタッフの人にOKサインを出す」

「顔の表情が出やすいように、顔マッサージして、発進」

「確かにジェットコースター上手いね、その人」

「だろ」

「全然話が違うんだけどさ」

「うん」

「ジェットコースターの最前列でハンドルっぽい丸いの握ってさ」

「うん」

「あたかもジェットコースターを運転してる風にするとおもしろそうじゃない?」

「あーたしかに」

「ジェットコースターの怖さの何%かって、自分で運転できないところだと思うんだ」

「だから、自分で運転している気分になれば、少しは怖くないかもしれないじゃん」

「どちらにせよ、ジェットコースターでハンドル握ってる人ってのも」

「そりゃあジェットコースター、上手いね」

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ