スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプして喜ぶ子供達。

藤子・不二雄ミュージアムは川崎にあるものかと思っていたら、南武線の登戸駅からバスが出ていた。

登戸から近いのだろう。
駅前バス停の様子を眺めていると、さまざまな人がミュージアム行きのバス停へ向かっていく。

やはり子供が多い。
そのバスはドラえもんやパーマンなどのキャラクターがいきいきと描かれているものだから、見ただけでうれしそうだ。

ある親子が警備員に声をかけていた。
どうやらバス停の場所を聞いているようだ。

すると、その回答を待つ事なく、そのバスが目の前を横切る。

藤子・不二雄ミュージアム以外は明らかに行かないバス。
それを見た子供はジャンプして喜んでいた。

子供はそのあふれる喜び。
主に語彙量からあふれる喜びを表現するのに、ジャンプする事は有名だ。
僕は久しぶりに「ジャンプして喜ぶ子供」を見て、ミュージアムの力の片鱗を目の当たりにしたのである。


僕が「ジャンプして喜ぶ」ことをしたのは、いつが最後だったろうか。
あるいは最近、「ジャンプして喜ぶ」ことをしただろうか。

さきほど、その行動は「言葉だけでは表現できない」ことから生じる旨のことを書いたが、どうなのだろう。

「ジャンプして喜ぶ子供」に、「すごく」という言葉を教えたらどうなのだろうか。
すっとジャンプするのをやめて「すごくうれしい!!」と繰り返すようになるのだろうか。

=====

あ、あんなに高い所に、宙に浮いた人がいる。

あなた「ちょっといいですかー!?。すごく高いところにいますね!!」

浮いた人「えっ、ス・ゴ・ク?」

以上、両親の方針により強調を司る形容詞、副詞の除去した教育を受けた人がうれしかったときの図でした。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。