終わりました。

ものまね王座的なものを、昔は結構観ていたのに今はあまり観ない。
面白さどうこうよりも、時間がなくなってしまったためのような気がする。

それでもこの間観ていると、気に入ったものがあった。

それは正直、全然ものまねする気のない人の場面。
彼は、ものまね対象者を扱ったネタを披露、面白い。

そしてネタをやり終えた。

このとき、バックバンドが「チャー!!」と鳴らしたのだ。
あれは面白かった。

本来、ものまねの多くは歌手を模したもので、歌を歌う。
そして歌い終えた時、よくこの「チャー」が鳴る。
音楽が終わったよ、を示す意味での「チャー」なのだろう。

そう考えると、一見ネタ披露型ものまねでの「チャー」はよくわからない。

「ネタが終わって、なんかチャーって鳴ったよ」
これが面白かったのだ。

そして分かった。

やはり、ネタが終わった事を示すのだろう。
ネタが終わったかどうかは、少なくとも歌よりも分かりにくいから。

以前「暗転」について触れた事があるのだが、それと似ているのだろう「チャー」。

僕も、すべったときに誰か「チャー」と言ってくれないだろうか。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ