スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出話

アトランティス大陸で夫婦だった女性と出会った風の話
=====
男「で、腐臭のする23人の給食当番があなたにビンタするところまではわかりました」

男「だからどうだと言うんでしょうか」

女「ビンタじゃありません。バンダースナッチです」

男「バンダースナッチってそういうものなのか、よくわからないんですが」

女「あなたは忘れているだけなんです」

男「アトランティスの事を?」

女「そう。そしてあそこで、私たちは夫婦だったんです」

男「うーん。で、あなたの言葉を信じるとすると、そのあと「金色の破裂音」がするんでしたっけ」

女「そうです。それで私たちは別れ離れになってしまったんです」

男「そして今」

男「僕のシャツにうっすらと白い粉がふいていたことから、アトランティスでの夫であると?」

女「塩ですね」

男「すなわち、給食当番と破裂音と白い粉を足すと、夫になるわけだ」

女「結果的には」

男「僕とあなたは今ここで、出会うべきではなかった」

男「もちろん、アトランティスでもね」

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。