スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シー

ふと、「今だからこそ、未知の水棲生物に○○ッシーって付けまくろう」と思い立ったが、あいにく未知の水棲生物をあまり知らない。

例えば遠目でイルカが泳いでいることがわかったとき。
ぎりぎりイルカかどうかわかるわけだが、確信が持てない点では未知と言えよう。

そうなると「イルカッシー」になるわけだが、これはほぼイルカである。

あの「○○ッシー」のぞんざいさ。
あの甘美な雰囲気がない。

「ああイルカなんだね」

そう思われてしまう。

違うんだ。
「イルカッシー」なんだ。


考え方を変えて、場所狙いでいってみようか。

イルカを見たのが相模湾だったら「サッシー」になるわけで、一見イルカ臭はしない。

ただ、気になるのは昔有名になった「タマちゃん」の存在だ。
あれは、場所名でありながら「ちゃん付け」とかわいらしい存在。

なぜ「タッシー」じゃないんだ。
あまりにアザラシが目に見えたからだろうか。



ああもうあの役で石黒賢ってのがあやしいんじゃないのか、反町よ。



ごめんこっちの話。

ともかく、「○○ッシー」なんだ。
今度、知らない人に勝手にこれであだ名でも付けてみようか思う。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。