スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

枕音

寒いときに、人は「しーっ」っと音を出す。
そう言ったら、一体どれほどの共感を得られるだろうか。

しかし僕が見たところ、男性の多くが何か喋る直前に「しーっ」と音を出している。

例:
「しーっさぶっ!!。耳さぶっ」

言葉というよりは、息を吸うときに空気道(憶測)を舌で70パーセント(憶測)塞ぐことで発する音のようだ。
あれは一体何なんだ。


一方、この音は「許諾しがたいが、仕方なく認める」というときにも発せられることが、なんとなくわかった。

例:
「しーっそう、です、か・・・。では奥様は教会、旦那様は神社で式を衛星中継で同時進行、ということにいたしましょう」

このとき、「しーっ」と次の「そ」は交じった感じにすると、苦渋の選択感を出す。

この「しーっ」は、国語としては何詞になるのだろうか。


もしかしたらカテゴリがないかもしれないが、僕が思うにこの「しーっ」は「いきなり喋るのがためらわれるときに、最初に置かれるもの」であるような気がする。

いきなり「さぶっ」というと、空気道が寒さでやられてしまうのである。
すぐに「そうですか」というと快諾感を相手に与えてしまうのである。


「しーっさぶっ!!、しーっじゃああつあつのおでんを、後ろにいる手探りの人にとってもらいましょうか」

この場合、帳消しにできないだろうか。

「しーっ、しーっ」

この場合、彼が安心できる場所に連れて行くことはできないだろうか。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。