スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

割にあう2箱。

前にも触れたが、いちごポッキーについて。
これはいちごポッキーに関わらずポッキー状のお菓子すべてに言える事だが、あれは1本だとちょっとさみしい。

口の中が満たされない。
ということでいつも2本同時に食べるという癖がついてしまった。

いちごポッキーは一箱につき20本入っているから、結果的にポッキーは10ターンしか持たない。

ポッキーが10ターンというのは、例えば銭形平次で考えてみると、まだ小銭を投げていない。
黒幕も登場していない。
水死体も発見されていない。

冒頭の我が家シーンくらいだ。

あるいはピザでいうと、生地をくるくる回してない。
生地、こねてない。
注文取ってないくらいだ。

ということで僕はかならずいちごポッキーは2箱購入する事にしている。
これにより、15ターン目くらいから小銭が回り飛び、生地が宙を舞う。

そして最後の5ターンは、小銭が回り飛び続け、生地が宙を舞い続けるわけである。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。