かめを飼う

先日、かめを飼いたいなと記載した。

様々なサイトを参考にさせていただき、丈夫で小さいミシシッピニオイガメというかめを飼う事にした。
1ヶ月ほどの準備を経て、購入したのが1ヶ月前くらいだ。

温和な性格だということで、2匹を60cm水槽に泳がせている。

甲長は3cmくらいで、見た目はかなり小さい。
しかしえさをよく食べてくれるので助かる。

名前はバルスとゴリアテにした。
小さくてかわいいかめなので、名前だけでも強そうにしてみた。



かめのことを調べていて気になる事があった。
肥満に注意しようとあるのだが、それはどう判断すればよいのだろうか。

甲羅から少し肉がだぶついてしまったら肥満。
そう書いてあるサイトがあった。

バルスもゴリアテも、見ようによっては肉がだぶついているようにも見える。
購入したお店で、少し餌を多くもらっていたのだろうか。

確かに、甲羅から肉がだぶついてはみ出るというのは、かめとしてはあまりに油断しすぎている。
中からクリームがとろーりみたいなことになっている。

しかし彼らは、既に人に慣れており、家族が水槽付近を通るたびに大騒ぎする。
餌をくれと言っているのだ。

肥満は怖いが、これだけ大騒ぎするのだから餌が足りないのではないか。
ここで餌を与えるかどうかは悩みどころ。

仕方ないので、あげるときは「バルス」とつぶやきながら与える事にしている。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ