スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かいだんをおもしろがる

最近、youtubeなどで怪談ばかりを聞いている。

と話したら、その前にタモリ倶楽部がどうこう話していたものだから「階段」と勘違いしたらしく、相手はまあお前は変なやつだからなという感じになった。

怪談だって何の前触れもなく紹介するものではないだろう。

「いやー怪談聞いた後の飯は超うまい」

あまり聞かれない。

とはいえ、「かいだんが面白い」と口にした時、それを「階段」よりは「怪談」と捉える方が自然だと思うのだが、どうだろうか。

それともタモリ倶楽部補正はそんなドングリの背比べのような「階段」「怪談」の差異などなくしてしまうのだろうか。
そして鉄道により近い「階段」にシフトしたのだろうか。

「階段」と「怪談」。
鉄道に近いのは本当に「階段」なのだろうか。

そして「階段の面白さ」とは何だろうか。
とりあえず、階段の面白さは転げ落ちると危ないので、上がる前に分かっておきたいと思った。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。