スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Aボタンの実行力

先日購入した「王様と魔王と7人の姫君たち」というゲームがおもしろい。
主人公の王様を動かし、そこらの人に話しかける。
するとその人を連れてまわせる。

人がごちゃごちゃしているのが楽しい。

ただし気になるところがあって、それはまさに、人に話しかけるとき。

話しかけるために◯ボタンを押すのだが、僕は複数押してしまう。
それは「ここなら話しかけられるかな?」という距離がちゃんとわかっていないため、移動しながら◯ボタンをぽちぽち押すことでスムーズに話しかける。

さながら歩きながらティッシュを配る、攻めティッシュ配りのようなスタンスで臨んでいる。

しかしどうしたことか。

このゲームでは◯ボタンは剣を振るという動作も兼ねているため、人に対してこの王様は「話を聞いたのち、剣を振る」という暴君めいた行動をとることになるのである。

暴君とは違う気もする。

「罪をあらいざらい白状させたのち、やっぱり断罪する」
そんな感じだ。


そういえばドラゴンクエストでも「はなす」と「たたかう」その他はAボタンで行った気がする。

もちろん、この話での◯ボタンなりAボタンなりは決定を示すキーであるわけだが、見方を変えれば「話しかけるそぶりで斬りかかる」「話すそぶりで戦う」ということをやっているかもしれない。


そんなことはないって?。

そうか。
そうか。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。