スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

んーますらお。

少々昔の話になるのだが、いわゆる亭主関白。

お父さんが口にするのは「めし、ふろ、ねる」もしくは「ふろ、めし、ねる」であって、あとはアルコールと大気、リップクリームくらいだった。

これが「ねる、めし、ふろ」だとちょっと夫婦の生活環がちゃんとなってない。
あるいは「ねる、ねる、ねる」だと、すっごく納豆が糸ひきそうだ。


それはさておき、この亭主関白黄金律「めし、ふろ、ねる」に、新たに追加するとしたら何だろうという話だ。

ほんと、何だろう。
何だろうね。

わかんないや。
もうぜんぜんわかんない。


「かね」

わかんないままでよかったのになって思う。

「めし、ふろ、かね、ねる」

居直り強盗か。
いや、居直りの意味が違うな。

あるいは女の子に貢いでもらっている身か。
でも、お金もらった後はどこに出かけることもなく寝るんだ。
んーますらお。


一方で、「見ざる、言わざる、聞かざる」換算もやってみよう。

「食わず、洗わず、寝ず」

清貧と考えるにはあまりにも「洗わず」が気になる。
病気。
そこはなとなく漂う浪人感。

ということは「めし、ふろ、ねる」は病気じゃない。
むしろ健康だ。
やったね!!。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。