スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もみかえし

昨日「もみあい」のことを書いていて「もみあい2時間」。
これはかかり過ぎだねという旨の事を書いた。

実はこれについて「次の日のもみかえしがつらい」という2つめを用意していたのだが、すっかり忘れてしまっていた。

で、今思い出したのだが、そもそも「もみかえし」とは何なのだろうと考えると、何も答えが見つからない。

整体でもまれてきた知人が言うのだ。
「明日もみかえしがあるかもしれない」

僕は「もみかえし」というものをそのとき知らなかった。
そして特に気にならなかったので、調べたりもしていない。

だからそういうものが一般的なことであるかも分からない。
勝手な造語で僕を惑わすのなら、もみかえしの知人などこちらから願い下げだ。


しかし検索してみると、どうやらその現象はよく知られた事であるらしい。
もまれたらかえすのだ、人体が。

どうも、イソギンチャクを指で押すと水をピューと出す。
そんなイメージが出てきてしまう。

あるいは人体にとって、押される事は異常であり筋肉が強ばる。
それが逆に痛みを生んでしまうのだろうか。

その場合、逆に言えばどれほどもまれ慣れれば「もみかえし」はなくなるのだろうか。
僕の体はまだちゃんともまれ慣れていないだろうか。

ちゃんと?。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。