スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生身でゴー

あいつ、生身なのに走っているいのししの前に割り込んだよ。
ドMだなー。

というメモがあったのだが、人はどれほどから「生身」を主張してよいのだろうかと考え込んでしまった。

全裸
確かに、目をみはる生身である。

しかし、例えば熊に対して、この状態で立ちはだかったらどうだろうか。

スーツ
結構生身なのではないだろうか。

そう考えると、生身は比較対象があって初めて「ああそれは生身だね」と納得できるものらしい。

相手が何らかの戦闘ロボなら、ヘルメットをしていても「あ、あの人、生身でロボに体当たりした」みたいに言えるし、ユニクロンが相手なら、ガンダムに乗っていても生身である。


この肥大性はそのままそっくり逆方向へ行けそうである。

一見、全裸が最終形な気もするが、例えばこれはどうだろう。


全裸(全剃毛)

全剃毛という言葉があるかどうかわからないが、単なる全裸よりも、より生身な気がしないだろうか。
そして生身への意気込みも感じさせる。

こうなると、次はどうだろう。

全裸(全身傷だらけ)

これはテイモウよりもさらに生身な感じだ。
とにかく、生が出ちゃっているポイントが高い。


しかし、もうお気づきの方もいるだろうが、この逆方向への肥大性は無限ではない。
なにせ、続けて行った結果は「がいこつ」になりそうだからだ。

がいこつ。
全然生身じゃない。

あたたかくない。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。