スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディズニー環境 その1

昨日からのつづき。

【あらすじ】
5月27日にディズニーシーに行ってきた。

=====
簡素なJRの駅がどこからか、妙にポップな雰囲気になってきた。

それは駅のポスターにそれが増え始めたからなのか。
あるいは乗客が駅を飾っているのか。

舞浜駅を降りると、朝早くのわりには強い日差しの下をみんなすいすい歩いて行く。
目的地が見えているのだろう。

僕は正直、ディズニーランド、ディズニーシーとディズニーリゾート以上3つをどうとも捉えていなかった。

ただ周りの雰囲気から、少なくともディズニー付近に到着していることがわかる。

それに満足。
歩いていればディズニーシーの集合場所にたどり着けると考えていた。


道路をまたぐ、駅とディズニーを結ぶ陸橋はもう「これはベルサイユ宮殿の名残です」と言われればそうですか。
そう感じざるを得ない装飾がなされている。

というのを、どこで間違えたか。
なぜか陸橋を見上げながら歩いていた僕は思っていた。
そして陸橋を経験することなく、チケット売り場に到着したのである。


まだ8時くらいなのに、すごい人の数だ。
スタッフの人は既に汗だくだが、笑顔でお客さんと話をしている。

そう、待ち時間だというのに、笑顔の人が多い。
うわさには聞いていたが、ここはやはり「そういう場所」なのだ。


「すいません!! 落としたコンタクトレンズを探してくれませんか!?」


ここでそう叫べば、そもそもコンタクトレンズがなかったとしても、すぐ見つかる。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。