スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディズニー環境  その2

昨日からのつづき。

【あらすじ】
5月27日にディズニーシーに行ってきた。

=====
待ち合わせ時間には少し遅れたが、集合場所であるディズニーシーチケット売り場にはさほど迷わずについた。
舞浜駅から、人の流れに沿えば問題ない。

しかしここからが問題だ。
ここは、人が多い。

どうやって知人を捜し出すか。
電話でリアルタイムにやり取りしたとしても、骨が折れそうだ。

周りを見回してみると、ミッキーの模様が乗ることをためらわせるモノレール様の乗り物が走っている。

ミッキーだなあと思いながら、さらに見回すと、どこかで見た建物が施設内にある。
あれは確か、モンスターズインクの工場だ。


僕はある人に勧められてから、モンスターズインクにはちょっとうるさい。
ものまねができる。

「どーもー」

どうだろう。
吹き替え版ロズのものまねである。

いやみなほどに晴れ渡ったチケット売り場で、とりあえずあの工場には行かなくてはと心に決めた。




ということで、そう。

このとき、僕はディズニーランドに来ていたのである。
待ち合わせはディズニーシーなので、だいたいシーが足らない。

なかなか知人に会えないため、確認の意味でスタッフの方に伺うと、ここはランドでシーではないとのこと。

確認してみると、例のポップなモノレールがまさにシー行きであるらしい。


「僕が、あれに、乗る?」


5月27日、僕のシーが、ストーリー途中で発生するファイナルファンタジーのオープニングのように、始まる。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。