オープニング

昨日からのつづき。

【あらすじ】
5月27日にディズニーシーに行ってきた。

=====
9時。
ついにシーがオープンした。

待っている間、ゲートからちらちら見えていた球状のモニュメントが、ついにその全貌をあらわにした。

というか、あらわにしたと思う。
というのも、僕らは走っていたから、それをあまり見ていないのである。

オープンと同時に、みんな走った。
周りの人もみんな走った。

青梅マラソンでも、こんなには走らないだろう。

あたりに何となく見える、地中海っぽい建物。
花のモザイク。
しかも今日は快晴。

かわいい服装のスタッフさんが走る僕らに対して笑顔で手を振る。

すまない。
でも、あなたも走りながら手を振ってくれるのなら、それに答えられるのだが。


結局、走っていいのかどうかもわからないまま、僕らは最初の目的地、リドアイルに到着した、らしい。

日差しを遮るのが空気くらいしかない場所に、僕らは腰を下ろした。
場所取りの完了である。



シーの仕組みによると、とりあえず人による場所取りは有効であるらしい。
いわゆるシート広げは無効なようだ。

シーに疎く行動力もない僕らは戦力外なのか。
シー手練2人がそれぞれファストパス、食料の確保に出発した。

リドアイルのショーはあと40分くらい先であるらしい。
日差しは調理器具のように強く、仕方ないのでイタリアはこのくらい熱いと思い込むようにする。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ