スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リドアイルの恋 その2

昨日からのつづき。

【あらすじ】
5月27日にディズニーシーに行ってきた。

=====
リドアイルは長崎の出島のようなたたずまいで、100人くらいが体育座りをすればもう足の踏み場もない。
200人が体育座りをすればもう設計レベルの現場責任者が必要。

そのくらい、少なくとも「ひろっ!!」とは思えない場所だ。
ひとときの場所取りを過ぎると、多くの人は飲み物やファストパス獲得に向けて動き出すため、それほど気にならなかった人口密度。

それは、当たり前だがリドアイルのショー開始時間が迫るにつれて無視できないものになってきていた。

通常歩行するためのスペースはもうないため、体育座りプレイ中の人を避けつつ、場所取りしたところへ戻らなければならない。
僕の前に座っていた男の子のお父さんは、それほどガタイが大きい訳でもないのに、通行といい体育座りといい苦労している。



開始時間になるかならないかくらいのとき、入り口付近がざわめく。

自由の利かない体を無理にそちらへ向けると、鮮やかな衣装を身にまとって若々男女が階段を降りてきた。
グーフィー、チップとデールもいる!!。

ショーが始まるのだ。

このとき僕はどういったものが催されるのか、全くわからなかったのだが、このときの印象をかいつまむと、彼らは祭りを主催、あるいは楽しむためにきた地中海付近の人たちという出で立ち。
そうこうしている間に大きな旗のようなものを風に泳がせ始めた。

湾を後ろに音楽に合わせて踊ってくれる彼らに、僕は何をしてあげられるのだろうか。
あの愛くるしいグーフィー、チップとデールにも。

いや、何もできないだろう。

汗をかきながら迫力ありながら一糸乱れぬ彼らの踊りに、僕は涙した。
こんなに熱いのに、踊ってくれているよ・・・。

踊りが一通りすみそうなところあたりから、彼らは徐に男女ペアになり始めた。


そしてある女性が語りだした。
「あそこにいる男の子と女の子。本当はお互い好きなのに、素直になれないのよ」

そういえば、踊りの最中、彼らは妙にはにかんだり、ふてくされたりするような表情を見せていた。

なんか、ストーリーが始まった!!。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。