スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出会いは快晴の下で その1

昨日からのつづき。

【あらすじ】
5月27日にディズニーシーに行ってきた。

=====
どうやら、引くほどにキャッキャ言っている僕を見て、シー玄人のひとりは次のアトラクションについて心配になったらしい。


「次のところはそれほど面白くないかもしれないけど・・・」


これは僕にもいやというほど経験があるのだが、よく知っているものを誰かに教える時、それが自分のものでないとしても、自分のもののように話してしまう傾向が、玄人であればあるほど見られる。

それほど好きなのだ、その人はディズニーを。


なんだよー。
あなたがプロデュースしたんですかい?とやってみたところ、「いやあまだまだ」。

まだまだだそうである。



そのアトラクションへは結構歩かねばならないとのこと。
「ストームライダー」の建物を出て、シー玄人についていくと、ぼちぼち小さい露店のようなものが販売を開始していることに気づいた。

飲み物やキャラクターの帽子を売っている。

日常生活においてでは、あまりにはしゃぎすぎているキャラクターの帽子だが、なるほど。
ここでならむしろかぶったろうかいという気分にもなる。

シブい団塊世代なおじさんがミッキーの帽子をかぶっていたりすると、違うミッキーしか思い浮かばない。
ということが、ここではないのだろう。



シー玄人はどんどん歩く。
いじらずにはいられないような遺跡風アトラクションがあっても、気にしない。

この遺跡には、あとで来れたりするのだろうか。
もし来れないのなら、僕のなかでは「シーに謎の遺跡風何かがある」という思い出しかできないから、ぜひあとで来てほしい。

そう思いながらも付いていくと、周りががらりと印象を変える。
そのアトラクションは「シンドバット・ストーリーブック」といった。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。