ビッグバンドビート!! その3

昨日からのつづき。

【あらすじ】
5月27日にディズニーシーに行ってきた。

=====
「ビッグバンドビート 」は生身のダンスも歌も素晴らしく、着ぐるみ達のもそうだった。
非常に満足しながら、横にいるシーマニアを見てみると、寝ている。

彼は確かに朝早くから我々を先導してくれている。
疲れているのだろう。
さきほど昼ご飯も食べたし。

そしてマニアでもあるから、この素晴らしいショーもかなりの数をこなしたはずだ。
居眠りも仕方あるまい。

そんな風に見ていた僕に気づいたのか。
ささっと見繕ってから舞台の一瞥。

ここからがこのショーのポイントだ。

と、不思議なことを言う。
ショーはもうそろそろ終わりなのではないかと考えていた僕は、その発言がよく分からない。
寝ぼけているのだろうか。



また、ショーの雰囲気が少し変わった。
なんと、ミッキーがドラムセットに囲まれて登場したのである。

そのとき、僕はこのショーのキモを見たような気がした。

もちろんこれまでの内容も素晴らしいが、今このとき。
ミッキーがドラムセットに囲まれている。

これは十中八九、ミッキーがドラムを叩く事を意味しており、その熟練度にもよるのだろうが、それはすごいことだ。
これまでのを、誤解を恐れない言い方をすれば噛ませ犬、として配置したショー配分には頭の下がるばかりである。


ただ、この状態でミッキーがドラムを叩かないというのも面白い気がした。

ダンサーを前に、ドラムセットのミッキーが突然立ち上がり、手拍子を要求する。
なかなかいいじゃないか。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ