スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

閑話休題 その1

昨日からのつづき。

【あらすじ】
5月27日にディズニーシーに行ってきた。

=====
「ビッグバンドビート 」で、人として生きる意味、反戦の願い、大事なもの「きみ、ゆめ、ゆうじょう」あたりを学んだ僕たちの前に、「スケジュール上、少し時間が余る」という問題が立ちはだかった。

とはいえ、シーはうろうろしているだけで楽しいし、うろうろしていることを咎める職務質問者もいない。

時間が余るのは決して悪い事ではないと思っていたのだが、シーマネージャは直近で始まるショーについて調べ始めた。

それは本日最初に訪れた「リドアイル」の前に広がる湾で行われる、幻想的なものであるらしい。
確かに、湾の周りには人が一重二重くらいに集まっているようだ。


時間もあることだから、遠目でもそれを見ようかねの雰囲気になってきたとき、シーマネージャは颯爽と進み始めた。
どうやら、眺めのいいポイントへ僕らを案内するためのようだ。

湾の沿道をどんどん進む。
既に多くの人がいるのだがそれを剣豪の訓練のように、ぎりぎりかわしてどんどん行く。
道を知っているのだろう。

僕らは楽しいとはいえ、連続するアトラクションとショー、そしてこの熱さに疲れていない訳ではない。
しかし彼を見失えば、もう二度と会えない。

そんなシチュエーションを思わせる人の数、剣豪の訓練、小さくなっていく背中である。


対岸に見えていたアラビアな建物。
そこが目的地のようす。

集落裏の細い階段を上っていくシーマネージャ。
日頃使わないから、言う事を聞かなくなってきている足。
湾を縁取り人だかり。
しょっちゅう噴火する火山を模したアトラクション。


ああ、彼になっがい紐付けたい。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。