スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

閑話休題 その3

昨日からのつづき。

【あらすじ】
5月27日にディズニーシーに行ってきた。

=====
「レジェンド・オブ ・ミシカ」は、一体どういった規模でこの人たちはショーをやるのか、と感嘆させるものである。
ギラギラしたシルバーアロワナが「みずのいし」で進化しました、という感じの豪華幻想動物客船と高い塔のミッキー。
華やか過ぎだ。


しかし一方で、それほどアグレッシブに動けない船、塔であることも否めない。
それを補助するのが、水上スキーヤー群である。

彼らは、その静的な船、塔に比べたらあまりに暴徒じみた速さで湾内を闊歩。
縦横無尽にシュプールを描きまくる。


どうにか合流したシー5段が教えてくれた。
あの軌跡でミッキーを書いているんだよ、と。

確かに、そう言われればそう見える。
しかし人だかりでよく見えない。

おそらく人だかりもそれがみたいのだから、仕方がない。
ここはひとつの「人だかり」という生き物の一部として、誰かがそれを見ていれば良い事にしよう。



唐突に、カイトが空を舞い始めた。
水上スキーには二人乗っており、搭乗者がそれを操作している。

水上スキーの速度が速いものだから、カイトは鰯の魚群のように翻る。
これまた動的に、このショーに華を添える。

シー5段がつぶやいた。
今日はフルバージョンだ、と。

何をほざいているのかと聞いてみると、風の強い日などはカイトを出す事ができないなど、様々な環境要因がショーには関わってくる。
そのため、それぞれに対応したバージョンがあるのだと。
ショーは綿密だ。



と、あるカイトが海上に落ちてしまった。
少なくとも、僕たちとその周りには、なんとなく「あっ、失敗しちゃった」感が漂う。

しかし一方で「結局、飛ばしたカイトは落として回収するほかないから、あれは計画内の出来事だ」と納得する雰囲気もある。

結局、あれが計画的なものだったのかはよくわからない。
ただ、そんなことに目を奪われてしまったのは、少々このショーに没頭できていなかったためであるため、その点が反省点。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。