遺跡にて。 その2

昨日からのつづき。

【あらすじ】
5月27日にディズニーシーに行ってきた。

=====
僕はある程度「インディ・ジョーンズ」の映画を見てきたが、特別に大ファンというわけではない。

しかし好きな「インディ・ジョーンズ」映画はあり、それはアジア系の少年が博士のパートナーとして登場するやつ。
なぜそれが好きなのかはよくわからないが、見たときにおいしいものを食べていたとか、そういった理由であろう。



シーでのアトラクションは、最近やった「インディ・ジョーンズ」映画、クリスタルスカルのやつがモデルになっているそう。

これも映画を見た事があるが、最近のものなのに昔の「インディ・ジョーンズ」っぽくて面白かった記憶がある。
確か映画でのクリスタルスカルは異星人のものだったが、一方でオーパーツと呼ばれる不思議アイテムにも、それがあったはずだ。

どちらにせよ、そんなものが数人乗りのジープ風乗り物で1時間数ローテーションの範囲で人の目に触れる。
週末アイドルならぬ週末オーパーツとはよく言ったもの。

僕は謝らねばならない。
誰もそんなこと言ってない。


まあ、人の心もオーパーツみたいなものだからね。

僕は謝らねばならない。
誰もそんなこと言って聞いて得しない。



この手の室内アトラクションではおなじみの、妙に暗い入り口と整列。

慣れてきていたが、がこんと目の前に現れたジープ様乗り物を目の当たりにしたときから、やはり不安が出てきた。
どれほど激しいアトラクションなのだろうか。

ただ一方で、乗り物が車を模したものであることに、僕は一筋の光明を見出してもいた。


僕はこの手の乗り物だけには、ある秘策を体得していたのである。
(答え:自分の中で、自分が運転している風に考える)
これ、いろんな人におすすめしているが、あまり評判ではない。

ジープは光一筋見えない暗闇を進み始めた。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ