吾妻山にてうさぎにあう。

またしても福島に行ってきた。
親類がいるので、墓参りという名の遊びである。

家から福島市内までは車で5時間ほどかかるため、日帰りとなるとだいぶ朝早くから出発になる。
しかしサービスエリアでちょいちょいつまみ食いをしながらの小旅行というのは楽しいものだ。


高速道路出口付近で親類と待ち合わせ、合流。
僕は親類側の車に乗り込んで、花とお酒を購入するために別行動をとる。

そのとき、こんな話をしてくれた。




直線に長く続く道路を進んでいた時。
その正面に見える山を「吾妻山」だと教えてくれた。

僕は土地や地図というものが致命的に疎く、そして調べない。
都道府県から既にあやしく、しかしそれで人と話すのが面白いため、そのままの知識。

そういったわけだから、福島に吾妻山があることなぞつゆ知らず「ほうあれが吾妻山かえ」ととぼけるほかないのである。


その吾妻山には雪がまだらに残っている。
それを親類は「何に見える?」と聞くのだ。

あれは雪である。
そう伝えると、そうではなく、何か動物には見えないかと再度質問。

よく見ると、確かに山の起伏によって雪の残り方は抑揚を得ており、何かしらの絵柄に見えなくもない。
パノラマロールシャッハをこんなところで試されるとは。

例えばここで、僕がその残雪をブラジャーに見えてしまったとしたらどうだろう。
パノラマのブラジャーである。

視聴者はモザイクのかかった吾妻山を見て、何を思うのだろうか。


なんてことはさておき、何となくわかってきた。
うさぎに似ているのだ。
その旨伝えると、親類はまさにその通りだと言う。


どれほど市民権を得ているのかは不明だが、親類はこう続けた。
福島では吾妻山に白うさぎが見えたとき、それを春の種まきの合図としていたのだ、と。

僕はこんなタイミングで日本昔話ライクな話が聞けるものとは思っていなかったので、うれしくなってしまった。



それにしてもよかった。
さっき適当に例えた「ブラジャー」じゃなくて。

だって、なんだって「福島では、吾妻山にブラジャーが見えたら種まきのシーズンである」。


ブラジャー!!。
種まき!!。
もうたたく!!。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ