スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おたより。

最近、よく怪談を聞いていると書いた事がある。

となると気になるのが「怪談を殺す喋り方」。
どんなに怖い怪談でも、こういう喋り方をすると全然怖くなくなってしまいますよという、エッセイやコントでも取り上げられてきた内容。

なぜそんなことをいまさらと考えながらも、なかなかいいやつを思いついた。

それは「欽ちゃんに、怪談の書かれたはがきを読んでもらう」というもの。
今あたまの中でやってみているが、なかなかいい。


「これは僕が小学3年生のときの出来事です」


あの、抑揚のあるテンポいい喋り方なら、戦慄の終焉を迎える怪談であっても怖くない。


ところでそこのあなた。
欽ちゃんの「はがきを読む感じ」がわからなかったりする?。



それ、怖いね。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。