なぜか台北 その2

【あらすじ】

台湾旅行。

=====
パスポート期限を指摘された僕はひとつおりこうになった状態で空港ロビー内をうろつく。

ここはやはり新しいところらしく、日本家屋調の店がこぎれいに並ぶ。
妙な形のお宮みたいなものもある。

高価であり、日本人であるから日本風お土産も必要ない。
お店のひやかしを終えた僕と知人は、少しそのこぎれいゾーンから逸脱した場所にあるところで「ミニ四駆のようなレースゲーム」を発見した。

レバーの微調整で加速できるおもちゃの車が、5×10m程度の空間でねじれているコースを走る。
200円らしい。

5人ほどが招集され、さっそくやってみると、すごく難しい。
少しの加速ですぐにコースから車が飛び出てしまう。

そしてその度に、このレースのためだけにスタンバッた店員さんが、長い棒を巧みに操り車をコース上に戻してくれる。

僕含め全員が、このレースが2人の店員さんを拘束するという事実に驚愕し、そして謝罪の念を持った。

5分程度。
我々は景気よく車をコースから飛び出させ、店員さんは長い棒で車を懸命に戻し続けてくれる。


ここは活きのいい車の競り会場か何かだろうか。
いえ、空港です。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ