なぜか台北 その7

【あらすじ】

台湾旅行。

=====
台湾に着いて早々の免税店めぐりは、なんと1時間ほど時間が取られているのである。

免税店には悪いが、あまり興味がない。
すぐに店の外に出てみる。

気温は高いが湿度はそうでもないらしく、嫌な暑さではない。

時計を見るとあと40分ほどあるみたいだ。
そこらを歩いてみる事にした。

近くのコンビニの角を曲がると、雑然と飲食店が並ぶ通りに出た。
歩道と呼べるようなところには路上駐車の車が場所取りを行い、結果的に車道を歩くことになる。

後ろから車が来やしないか心配だが、地元の人は平然と車道だ。
大丈夫だろう。

なにやらおいしそうなジュースが売られていたりした。
喫茶店らしきお店ではおじさんがくつろいでいる。
そこらを歩いている女子はたいがいかわいく、それは台湾滞在3日間、随所で感じる事となった。




僕は、道に迷う事に定評がある。
そのため、極力免税店の位置を考えながら歩きまくってみる。

すると、学校らしき建物が目についた。

なんとか国民中学とある。
妙に壮大な雰囲気の校門があり、近くの木からはやはりツタが垂れている。

そして道路を挟んですぐ塾と、ドリル専門のような本屋があった。

何やら勤勉ぽそうだ、台湾の学生は。
ドリルなんか久しぶりに見たぞ、ドリルなんか。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ