なぜか台北 その10

【あらすじ】

台湾旅行。

=====
台湾の本屋で、かめの飼い方の本を探している。
ところがその前に店員さんに捕まってしまった。

何を探しているのか。

僕はジャパニーズである事を告げ、つたなくタートルとかトータスとか口にしてみた。

すると店員さんは、分からないといった表情。
あれ、かめってタートルとかトータスではなかったか。

なんとかニンジャ、タートルズ。
なんとかニンジャ、タートルズ。

昔、かめがニンジャになるアニメがあった。
二度、声に出してみて確信した。

タートルだ。

では発音がいけないのか。
それは確かにどうすることもできない。

というか、なぜかめをニンジャにするかね。
もっと適材があると思うのだが。

そんなことを考える間もなく、店員さんは筆談の用意をしてくれた。

どうしよう。
そこまでしてかめの飼い方の本は欲していなかったのだが。
というか、もう既に飼っているから、ある意味遅すぎるのだが。

僕は漢字で「亀」「写真」と書きどんなリアクションを示すのかを試してみた。
正直、両方とも英語のつづりに自信がなかったのである。

しかし店員さんはいまいちな表情。
そして僕に替わって、ペンを走らせた。

よくわからない文字。
そして「龍」的な何か。

こちらでは爬虫類に対して「龍」という漢字を使うのだろうか。
うーん、わからない。

二人ともえへへ状態になった時、店員さんが何かひらめいた。

各階のカテゴリ表の「図鑑」という言葉を指差したのだ。

そうか、図鑑か。
かめの図鑑なら、僕の要望にある。

そうだ、それなんだ。
店員さんにお礼を言って3階に行く。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ