スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜか台北 その26

【あらすじ】

台湾旅行。

=====
松山駅で行く先を決め、心落ち着けたのまではよかったのだが、結局切符の買い方が分からない。
字が読めないというよりは、なんかボタンの数が多いのだ、日本のより。

確かに、それらはカテゴリ分けされているらしく、さらに上部のカテゴリを選択すると次のカテゴリ部分がひかり、ここを選んでねという優れたIFを示してくれる。

しかし困るのが「自強」というボタンが象徴的なカテゴリのところで、ここが何を示すものなのかが分からない。

何なんだ「自強」。

僕は小声で「なんなんだじきょう」と何度も口にしたがもちろんそれで何かがわかるわけでもなく、ただこのカテゴリで一番読みやすいのがこれだという理由のみで、自強の樹林行き切符を購入してみた。


切符は日本のそれと同じような大きさで、内容もしかり、のよう。
ともあれ切符を手に入れた僕は電車乗り場に向かい、また困る事になる。

どこのホームに「樹林」行きの電車は来るのだろうか。


松山駅には4つほどのホームがあり、その見てくれはきれい。
しかし松山駅初心者の僕としては4つもホームはあってほしくない。

行き先看板を見ても矢印などの分かりやすい表記は見つからず、僕はホームを行き来するメッセンジャーにようになってしまっていた。
もちろん、ホーム間の誰に対してもメッセージを告げ合うことのない、白紙のメッセンジャーである。


彼は、思いあまって駅員さんに切符を見せる。
白紙に「あっちのホームだよ」と初めて文字が入る。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。