スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜか台北 その33

【あらすじ】

台湾旅行。

=====
望まずしてたどり着いた、台北から2時間くらい離れたところにある都市「新竹」。

しかしそれまでの車窓からの風景はなかなかよく、この場合の「よい」とは日本では見られないような建物があったりだとか大学があったりだとか、田んぼがあったりだとか。

何となく琴線に触れるものということである。

若者とおばさんと日差しでごったがえす新竹駅。
料理中のようだ。

料理中の場所は放っておき、なんか「のどか」くさかった台北方面近隣の駅「北竹」に向かう事にした。

さきほどは特急的な「自強」というチケットを買ってしまったためにこんなところに来てしまった。
券売機でちゃんとローカルを選び、少々雑な改札をくぐる。




新竹駅はホームが3つほどあり、それぞれに電車が止まっている。
当たり前のようにローカル線がどれかは分からないが、自強の電車だけは見覚えがある。

しかしそれを除いたとしても2線ほど。
どちらか分からない上に時刻表は「特急のみ」「ローカル線のみ」で分かれているらしく、まんまと特急側を鵜呑みにした僕は20分ほどホームアローンになってしまう。


な、ホームアローン、な?。
ホームで、あれだから、な?。
わかるよ、な?。


今回も特に面白いところがないため念を押してみたのだが、どうだろう。
効果はあっただろうか。






仕方がないので不機嫌そうな駅員をつかまえ、ローカル線を教えてもらう。
なんてことはない。
先ほどの改札から入ったところ、その正面がそれだった。

突然、聞き慣れた音楽が流れてきた。
なぜかは分からないが、電車到着時の音楽が日本でよく聞くもの。

こんな異国でも使われているというのは、何かサピエンスの到着本能に訴えるリズム、音域なのだろうか。



しかしこの1日ほど懐かしい音に対し、情緒みたいなものは感じなかった。
なにせ今回も、面白いところがないと言い切っちゃっているくらいですから。

ともかく、何もなさそうな町「北竹」へ。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。