なぜか台北 その36

【あらすじ】

台湾旅行。

=====
アイスを食っている店員さんのコンビニからファンタきどりを購入した僕は、それを片手にさらに歩いていく。
暑いのだが、気分的には一駅分を歩いていき、途中の田んぼやよくわからないものを見ていく所存である。

ところがコンビニを出てすぐのところは高架を形成しており、そのくぐる方には歩道がない。

くぐる方を選んだ場合、僕が反射板を背負ってでもいれば歩けたのだろうが、そうでない今では事故ってしまう。
そして事故るとめんどうくさいうえ、パスポートの期限が切れたりしてさらにめんどうくさい。
そして命の保証。

以上を踏まえ、僕はくぐらない方を選んだ。


と、ここでくぐるだのくぐらないだのをどうこう言っていることには理由がある。
普通はくぐらない方を行きました、でいいのに。


その理由は「くぐらない方」の、妙な気味悪さである。

日差しは強く、目に入る風景全てが、少し白色を多めに入れた配色を示している状態なのにも関わらず、その「くぐらない方」のちょっとしたトンネル。

数mしかないそのトンネルが妙に暗い。
暗いだけならいいのだが、さらに謎のソファーが置いてある。
ソファーが朽ちている。

そのさまが気味悪い。

ここで台湾の不良にカツアゲでもされたらどうしよう。
そんなことを考えさせる禍々しさなのである。


僕は足早にそこを攻略する。
ぼろぼろのソファーがとにかく気持ち悪い。
早くトンネル出口の白色に飛び込みたい気分にすらなる。


当たり前だが特に何も起こらないまま元の風景に飛び込む。
数秒目が効かなくなるが、日差しの強さが心地よい。


目が少しずつ慣れてくると、それまで道の真ん中で子猫と戯れてのんびりしていただろう老夫婦が、僕の事を怪訝な顔をして見ている。


僕の帽子のせいだろうか。
この帽子は寝癖が直るから非常に助かるんだよと言いたくなる。

いや、どこからか漂う僕の異国民の雰囲気のせいだろうか。
確かにここにはあまり観光客が来ないかも知れないが、特に悪さをしにきた訳ではないんだよと言いたくなる。

まさか、あの禍々しいトンネルを抜けてきたのかとでも思っているのだろうか。
すごいでしょ?、と言いたくなる。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ