気さく吹きすさぶ。

僕の家族はそろいもそろって優柔不断なので、誰かが生け贄になる必要がある。

それはたいがい「どこに食べにいくか」というもので、そのなかでたいがい僕が「なんか分からない、行った事のないとこにしよう」と提案するわけである。


その日は誰かの誕生日で、そうケーキを買ってこようかというとき、またそれが発生した。

どこのケーキ屋がいいのか。

最近我が家で評判のあそこにするか。
あそこはいつぞやのイベントで食べたぞ。

なんてことになりながらも決まらず、結局僕が「なんか分からない、行った事のないとこにしよう」と提案。
目的なく車を走らせたのである。


人間には、どれほどの「よく通るが入った事のない店」があるのだろうか。
それが「よく通るが入った事のないケーキ屋」になると少しはしぼられるだろうが、どちらにせよ多数。

多摩川の河川敷にあるグラウンド数よりも多いだろう。
そんななかの一店にてケーキを所望しようと思ったのである。


僕らが思いついたのはそう、まさに「よく通るが入った事のない店」で、とにかく「よく通るが入った事のない」ことで我が家で有名だった。

喫茶店らしきそこは、ケーキも売っているらしく、とにかくらしいことしか分からない。
今回のようなケースにはうってつけの分からなさだった。

台風の中、我々はケーキが買えるのかはわからないそこへ向かっていった。
道路は水浸しで、なんとなくケーキを買いにいくような天気ではない。

それでもそこに到着した。
そして妙にそこが混んでいることに気づいた。

駐車場が満車なのである。
案外有名なのかもしれない、台風なのにこんなに混んでいるなんて。

搭乗者が雨の中、喫茶店の中へ入っていく。
そしてすぐ出て来た。

なんと、ケーキは先ほどの客で売り切れてしまったのだという。
なんだ、「よく通るが入った事のない店」は「よく通るが入った事のない、ケーキがうまいらしい店」だったのだ。


仕方ないと車を発進させようとすると、店内からマスターらしき人がずぶぬれになりながら走ってきた。
ケーキの買えなかった我々に申し訳ないと思い、売り物ではないがケーキの切れ端をロールしたものを持ってきてくれたのだ。

それは甘さ控えめで、しかも「ケーキの切れ端」という、それだけでおいしさが見出せそうなもの。
実際、非常にうまい。

よって、この店は「よく通るが入った事のない、ケーキがうまくマスターが気さくな店」と、けっこう希有な存在となった。

台風に誕生日の人が家族にいて、よかった。

■ Comment

非公開コメント

■ Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【気さく吹きすさぶ。】

僕の家族はそろいもそろって優柔不断なので、誰かが生け贄になる必要がある。それはたいがい「どこに食べ
リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ