スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すれちがい、こんにちは。 その2

昨日、3DSの「すれちがい通信」について記したのだが、なんとなく「自分しかいない部屋で突然すれちがい通信が始まる」というのは怖いな、と思えてきた。

確か、「すれちがい通信」が発生すると3DSのどこかが明滅。
通信している事がわかるのだが、それが全く誰ともすれ違わないシーン。
自分の部屋や、深夜で誰も歩いていないアパートなど。

突然ランプが明滅するのだ。
これは怖い。
完全に霊である。


しかし、考えようによってはこう捕らえることができる。


「霊とすれちがい通信の電波?は同じである」


霊がすれちがい通信で「ひっかかってしまう」のなら、もはや3DSがすれちがい通信で出すもの自体が霊のようなもので、3DSは霊ですれちがい通信をしているわけである。

これは3DSの付喪神的な面を想像させるもので、あんがい興味深いが、一方で私たちは次の事に気づかねばならない。

「3DSからは、よく霊が出ている」

3DSこわっ。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。