甘事

いま思い返してみると、僕はとにかく「甘える」ということをしてこなかったなあと何となく損した気分になる。

そういう雰囲気や冗談ということを考慮しても、まったく思い出せない。
甘えた声で誰かに寄り添うとか。

そんな人間が「甘える」ということを考えると、たいがいこうなる。

「ねェーん、ふーじこちゃーん」

テンプレートがルパンしかないのである。


それでも今度、機会があれば使ってみようかしら。


「ねェーん、ふーじこちゃーん」

すると相手がこう来る。
「誰よ!!、ふじこちゃんって!!」

そして「なんだ、不二子ちゃんを知らないやつなんかに甘えられるかっ!!」



と、ここまでのやり取りができるようなら、その子はなかなかできますな。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ