木村

ここ数年の間に、めきめきと「近所のたこ焼き」がうまくなってきたような気がする。
なぜなんだ。

以前は作り置きで蒸気をふんだんに取り込み、煮過ぎたがんもどきのようになっていたものだ。
しかし今では、たこ焼きを専門でやっていないフードコードのひと店でも、すごくおいしいたこ焼きが供される。

思うに、銀だこの影響がかなり大きかったのではないかと推測される。

ただ、一方で「おいしいたこ焼きの作れる機械がリーズナブルな値段で提供されてきた」という理由もありそうだ。


まあどちらにせよ、蒸気を吸い取りまくった、キムコのようなたこ焼きはもうあまり見かける事ができない。
それを懐かしく感じないわけでもないのである。




それにしても、僕はよく「キムコ」を思い出す事ができた。
使用した事はないが、確か脱臭目的で冷蔵庫に忍ばせる商品名だった気がする。

あと、小学校に「キムコ」というあだ名の友達がいたような気がする。

おそらく「木村某」。
あなたの身近にもいなかっただろうか、「キムコ」。

それも、懐かしく感じないわけでもないのである。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ