スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シエスタ気分

たいがいの人は昼ご飯を食べたあと、容赦ない眠気と戦いながら白目をむいていると思う。

実は僕もそうで、あれはどうすればいいのか、という今回。

眠ることを怒られない環境なら、十数分ばかりそれに費やす。
少しの休眠で眠気がなくなるというのはよくある話だ。

しかしそんな恵まれた環境はそうはなく、あるとすれば寝具や学習枕のテスターくらいだ。
そしてその程度では眠気も収まらない。

「眠気に油を注ぐ」結果にもなりかねない。

こうなると白目をいかに黒目に見せるかくらいしかないのだが、一方で「昼休み後の眠気」の評価をあげることも考えたい。

用は「昼休み後に眠ってしまうのも仕方ないよね」をもっと流行させるのだ。


ウルトラマンが本棚の片付けをしていたとする。
あと1冊、本棚に本をしまえば片付けは終了なのだが、そんなとき3分経ってしまったとしたら、あと1冊ではあるがそこから立ち去るだろう。
そのくらい仕方がないのである、昼休み後の眠気は。

あるいは、ウルトラマンが食器を洗っていたとする。
あとひと濯ぎすれば、その皿の泡は全て落ちるのだが、そんなとき3分経ってしまったとしたら、あとひと濯ぎではあるがそこから立ち去るだろう。
これも仕方がない。


仕方がないのだ、あの眠気は。
ということであと3分、寝かせてはもらえないだろうかと誰かに懇願する、13:00時。

■ Comment

非公開コメント

リンク
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。